高座神社の境内には「芳魂神社」が鎮座されています。
この芳魂神社には、青垣町(東芦田村・西芦田村・田井縄村・口塩久村・栗住野村)の各村より出征され、痛ましくも若き年齢にて戦火に倒れられた155柱の英霊がお祀りされています。高座神社先々代の宮司によりお祀りされ、毎年10月5日に鎮魂の祭祀をご奉仕申し上げております。

戦後70年の今年は、今日の平和な日本の礎を築いてこられたその英霊の御霊に対し感謝の誠を捧げたく存じています。70年と一口に申しましても、今日まで世界情勢はめざましく進歩・発展し、我々の生活も戦時とは全く異なるものになってしまいました。
家を捨て、兄弟や妻子を残して戦地に出征されたその155柱の英霊の「思い」をめぐらし、この「戦後70年」という節目の年に慰霊祭をご奉仕申し上げます。

平成27年10月5日(月)  9:00 ~ 開式

【 芳魂神社慰霊祭式次第 】
芳魂神社慰霊祭写真01・修祓
・祭主一拝
・開扉
・献饌
・祭詞奏上
・奉納吟 《四つ葉会》(『九段櫻』・『弔歌』)
・玉串拝礼
・撤饌
・閉扉
・祭主一拝